iPhone8とX、どっちがいいのか?性能面を詳しく見ていきます!

Pocket

どーも!あきです!

今回はiPhone8とiPhoneX、そしてiPhone7の性能を比較していきます!
出来るだけ分かりやすく、なるほどと思えるものに仕上げらればと思ってます笑

よろしければ「B!」のボタンをクリックしてもらえるとうれしいです!
ではいきましょう!

今回はちょっと小難しい話も交えて書いていきます。

iPhone8、8Plus、XはiPhone7と比べると大きな変更点は前面と背面がガラスになったことです。

Twitterを見てみると
「両面ガラスになったから、ひび割れがひどなりそうやw」といった内容をよく見かけます。

では実際にiPhone8、Xではどのようなガラスが使われているのでしょうか?

実はiPhone7では使われておらず、Appleがこの新作iPhoneのために作った
新しいガラスになっています

ちょっと誇張した表現かもしれませんが、
普通のガラスから防弾ガラスに変わったと考えてもらえれば分かりやすいと思います

ガラスとガラスの接合面には飛行機でも使われるアルミニウムなどを使って
強度を補強しています。

そのためおそらくですが、
iPhone7よりも画面が割れにくい仕様にされています

ただ強い衝撃に耐えるのは耐えますが、落としすぎると割れちゃうのは
どんなスマホでも一緒ですよね笑

ただiPhoneXの場合は接合の部分にアルミニウムでは無く、
医療などで使われるステンレススチールを使っています

違いはアルミを用いたiPhone8よりもステンレスを用いたiPhoneXの方が
耐食性(サビなどにどれだけつよいか)や強度が優れていると言う点です

iPhone8もiPhoneXもiPhone7と同じように耐水性能や防塵性能が備わっていますが、
やはり雨等の水に濡れると若干のサビなどが後々現われることになります。

夏などに海に入る場合であれば、雨よりもサビるのが早かったりします。
これは海水に含まれる塩分のせいですね。

水に触れる機会が多いという方はiPhoneXの方が長持ちする可能性が高いですね。

そして、背面をガラスにしたことでワイヤレスの充電が可能となりました

充電の仕方としては、専用の充電端末機の上に置くことにより
充電することが出来ます。

こちらはあまり重要視している方は少ない模様です笑

ワイヤレスの充電をしながら音楽をイヤホンで聴いたり
イヤホンで電話されたりするのであれば、
便利になるのではないでしょうか?

次のiPhone7との違いは「True Tone」というテクノロジーの導入です

これはどういったものでしょうか?

画面上のホワイトバランスを調整する技術です!と言って分かる方は非常に少ないと思います。
私も最初にこんなこと言われても分からないですもん笑

簡単に言うと、
夜中にテレビを見ると明るい色彩の画面になると目がだんだん疲れてきますよね?

それは周りに光がないため、テレビからこぼれる光が余計に強く見えるようになり、
そして目でこれ以上光を見たくないと脳が判断し、目を疲れさせるのです。

今回iPhone8で導入された「True Tone」では、
その強すぎる光を、内蔵されたセンサーで周りの光の濃度を計測し
自動的に光を弱めるといったものです

光が弱くなるため、刺激が少なくなり
目が疲れにくくなるんです。

しかもAppleはスマホ業界では最高峰の広色域と色精度の技術を持っているため、
ディスプレイに映るものが限りなくリアルなものに見えるようになっています。

それらの技術が合わさった結果、iPhone8では
iPhone7と同じ高解像度でなおかつ目の疲れを軽減するということが出来ました

さらに、iPhoneXでは有機ELディスプレイを搭載しているため
消費電力を軽減し、なおかつ普通のディスプレイよりも輝度が高いため
iPhone7よりも高解像度で綺麗な画像や動画を楽しむことが出来ます

更に、「True Tone」という技術で綺麗な画面をより目に優しい形で
見ることが出来ます。

カメラについてもiPhone7よりも機能が良くなったと言われています
ただすいません!

カメラについてはあまり詳しく無いんです、、、
なのでカメラについては今回なしということで、、、

今までいろいろ比較してきましたがiPhone7と8、8Plus、Xの一番大きな違いは
スマホの中心となるCPUの違いが目玉です!

その名も「A11 Bionic」!正直名前はどうでも良いです。
話の論点はその性能にあります!

iPhone7で使われているCPUは「A10 Fusion」と言うものなんですが
今回の新しいCPUではこれを遙かに上回ります。

CPUとは簡単に言えば、人の脳に当たる部分です。
分かりやすいように例を挙げます。

偏差値が30の人と70に人がいます。
2人同時にある数学の問題を解き始めると

偏差値30の人は10分で問題を解くことが出来ました。
偏差値70の人は5分で問題を解くことが出来ました。

つまり、CPUの性能が高いと言うことは計算の処理速度が速くなるんです!
この例で言うならば、偏差値30=iPhone7のCPU、偏差値70=iPhone8やXのCPUとなります。
*あくまで例題です。

公式サイトであれば、
新しいCPUは6つのコアを持ち、ある4つのコアでは7のCPUよりも処理速度が最大70%上昇し
残りの2つのコアでは処理速度が最大25%上昇しますと書いています

正直どれぐらい早くなるのか予想出来ないです笑
ただ動きがより滑らかに、そしてサイトの更新などが今までよりも早くなるんだろうな
と言ったことは予想できています!

ただ現在iPhone5,5sやiPhone6,6sを使っている方が
iPhone8やXに変えられた場合、バッテリーの持ち時間や
ゲームなどの動きやすさ、サイトの繋がりやすさ等を比較すると
大きな変化を体感できると思います!

あと正直8やXはいらないと言う方は、
Xが出てから少し待ってみてはいかがですか?

おそらく各キャリアでiPhone7の機種変更などお安くできるキャンペーンが
登場すると思われます。

実際に営業先で各キャリアの方々に聞いてみたところ
機種変更や乗り換えのキャンペーンは必ず行われるだろうと言ってました。

それを待つのも一つの手段だと思います。

個人的に!
私はiPhoneX派です笑

理由としては、グラフィックの期待値が大きいのと
7Plusよりも大きな画面のスマホを持ってみたいなと言う2つの理由ですね!

ただそんなにこだわりがないという方や、値段が気になる方、
iPhoneXのホームボタンがないのが嫌という方は
iPhone8にいくのだろうと思われます。

ただ買うにも予約出来ない場合結構入荷待ちなど起こるのではないでしょうか?

絶対にほしいという方は予約されるのが一番だと思います!
よろしければ是非こちらのサイトをご活用ください。

仮予約も既に受け付けています!


Pocket

コメントを残す