ネットの通信速度が遅くなる原因!

Pocket

どーも!あきです!

今回はネットの宣伝をしている際によく見かけた、ネットの遅い原因を
営業の現場や工事の方のお話を基にご紹介していきます

ネットの速度が遅くなる主な原因は3点あります。

① 回線自体の問題
② 周辺機器の問題
③ お家の環境の問題

この3点をそれぞれご紹介していきます。

① 回線自体の問題

まずネットの通信速度が遅い方は契約されている回線が
光回線なのかそうでないのか確認してください。

光回線ではない場合、お使いの回線は
ケーブルテレビもしくはポケットwifiのうちのどちらかでしょうか?

光回線の場合とケーブルテレビもしくはポケットwifiの場合においては
通信速度が遅い原因が大きく違います。

まずは光回線以外の方の通信速度が遅い原因を説明していきましょう

ケーブルテレビをお使いの方の場合
そもそもケーブルテレビは1つの回線で50~100世帯をまかなっています

分かりやすく言うと
1つのネット回線を50~100世帯が共有して使っている
ということになります。

そのためケーブルテレビの最大通信速度は160Mbpsということが多いです。

さらにマンションの場合
その共有されたものをさらにマンションの住人と
共有するためネットの通信速度がさらに下がります

ケーブルテレビの通信速度が遅い原因はもう1つあります。
それは工事の仕方です

基本的にネットの工事は、基地局から電柱まで来ているネットの線を
工事の業者が電柱からお家へと線を引き入れます。

その際に光回線の場合、基地局からお家へ引き入れる線まで
全て光のケーブルが使われています。

ケーブルテレビの場合、基地局からお家の近くの電柱までは光のケーブルなんですが、
電柱からお家へ引き入れる際には同軸ケーブルが使われているんです

詳しい工事の話をするとややこしくなってしまいます。

簡単に通信速度を乗り物に例えると
ケーブルテレビの場合、基地局から電柱まではバイクの速さで
電柱からお家までは歩くスピードの速さ
になるんです。

そのためこのスピード差が通信速度の低下の原因になっているんですね。

ここにルーターやらLANケーブルが古かったり、
マンションの住人が一斉にネット接続を行うと更なる
通信速度の低下を招きます。

その重度の症状がネットが切断されるというものです

ポケットwifiの場合

ポケットwifiの場合はちょっと特殊でご自宅やカフェなど移動がない場合
通信速度が遅くなるといったことは少ないと思います。

仮にそこで通信速度が遅くなったという場合は
通信制限が掛かってるかどうか確認してみてください

現在であれば3日で10Gお使いになられると通信制限が掛かるようになっています。
以前であれば3日で7Gだったためそれに比べるとかなり良くなったと思います。

ではポケットwifiで遅くなる原因はなんなのか?
車や電車などの乗り物に乗っている時は遅くなりやすいです

この原因にはちゃんとした理由があって
ポケットwifiはその場所に近い基地局から電波を借りることによって
通信ができるようになっています。

乗り物に乗って高速移動をする際、基地局がとてつもなく速いスピードで
切り替わっていくため、その切り替えに追いつかず通信速度が遅くなってしまうんです

ではお家で通信速度が落ちてしまう原因はなぜなのか?
一概にこれだ!とは言えないんですが

考えられる一番の原因はポケットwifiに接続されている機器(スマホ、パソコン、タブレットなど)
が多すぎるといったことです

基本的にポケットwifiの最大通信速度は440Mbpsです。
スマホを4台接続したとすると、1台当たりは約110Mbpsしか使えないです

*ただ、ポケットwifiからの距離や壁が存在している場合は
その壁によって通信速度が遅くなったりするため
上記のような簡単な計算では表すことができないです。

ボリュームが多すぎましたね笑
そのため続きは次回にしたいと思います

今回の記事は皆さんが普段気にする内容のため
読んでくれる人が多くなることを望みます!

見ていただいてありがとうございました!
ではお休みです~m(_ _)m

Pocket

コメントを残す